読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珠乃の純然たる雑記

珠乃のダイアリー

マンション住まいでガレージがない、そんな場合はどうすればいいでしょうか。

珠乃です、チャベス氏は、20年にわたる原油価格低迷期の終盤に大統領に就任し、その後の価格高騰を謳歌した。
00年から13年の政府支出の国内総生産比は28%から40%に上昇するほど、同氏は原油輸出で得た資金を使いまくった。
00年当時、ベネズエラの外貨準備は7カ月分以上の輸入をまかなえるだけあったが、13年には3カ月分弱に減った。
チャベス氏はなぜ原油暴落に備えなかったのか。
同氏によれば、1979年から大統領に就任した99年までの長い原油不況でベネズエラ人が苦しんだのは、原油安が理由ではなく資本家が国民と分かち合うべき富を収奪したからだ。
そのため大統領在任中は社会政策への公共支出を 増やし、食料とエネルギーへの補助金を増やした。
おかげで国民は所得拡大と生活水準の向上という形で、その成果を実感した。
彼の政策は一定期間、効果をあげた。
だがこの政策には欠陥がある。
権力者はかなり時間がたった後、また自分が去った後にしか実を結ばない計画に投資するより、政治的な脅威をカネで片づけようとしがちだ。
産油国の場合、資金もある。
チャベス氏は敵を弱くし、味方を取り込むため富を利用し再分配した。
誤った経済運営で石油により得られた富を散財し、同国の社会主義を支えた。
民間企業を攻撃したため、同国の様々な資源を開発するのに必要な知識や資本が蓄積されなかった。
記録的な原油高騰時代に、将来の発展に使うべき資金までも無駄遣いし たのだ。
ベネズエラチャベス氏が権力の座に就くまでは中南米諸国の羨望の的だった。
だが人気を維持するのは難しい。
ポピュリストは切羽詰まるほど、長期的リスクを抱え込むことになっても短期的に効果の出る手段を選ぼうとする。
さて、最後の情報は「トランクルーム【ハローストレージ】の評判」で〆ます。
トランクルーム評判
引っ越しや模様替え絵などの際に、荷物が入りきらなくて困ったことはありませんか?
また、普段使わないけれど、たまに必要になることがあるので捨てるわけにもいかない……というものはありませんか?
そんな時、それらをどこで保管しますか?
……使っていない部屋や、ガレージがあれば、そういう所で保管できる場合もあるかもしれません。
ですが、部屋数に余裕がない、収納に余裕がない、マンション住まいでガレージがない、そんな場合はどうすればいいでしょうか。
そんな時におすすめの保管場所が、トランクルームですね。